2008年07月03日

内相、抗議活動にあいクラビー等の視察を急遽取りやめ

 クラビー、パン・ンガー及びプーケット三県の視察の為にクラビー県内に滞在中だったチャルゥム内務大臣は、前夜から同大臣の辞任を要求する100人前後の民主主義市民連合の傘下団体関係者を中心にした抗議活動が夜通しで展開された事を受け、予定を中止し2日朝の便でバンコクに戻った。

 前日には、同大臣が降り立つ予定だったクラビー空港前で抗議活動が展開された為、急遽プーケット国際空港からクラビーに入る羽目になっていたという。

 予定を急遽中止した事について同大臣側は、ホテル前で展開されている抗議活動の為に会議を開ける状態になく、また、衝突の事態を招き対立を激化させる事を防ぐために中止を決断したと語っている。

 尚、同大臣によると1-2週間以内に再度同地に視察に向かう意向だという。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする