2008年07月08日

連合、再度マカワーン・ランサン橋へ集会地を移動

 民主主義市民連合は7日21:00過ぎ、座り込み集会活動を展開していた首相官邸前を出発し、以前の集会開催場所だったマカワーン・ランサン橋に向け移動を開始した。

 これは、平日の5:00から18:00までピッサヌローク通りとラーマ5世通りの全ての車線の開放を命じた民事裁判所の判決により、事実上常設ステージを使用しての首相官邸前での集会活動の継続が不可能であると判断した事を受けたもので、概ね1時間強で移動作業を終了させ移動式ステージを利用した集会活動を再開した。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする