2008年07月15日

51歳男性、虐待した猿の逆襲を受け死亡

 12日夜半、バンコク隣県のナコンパトム県県都内にある民家内で51歳の男性が右足首の動脈部分から大量の血を流して死亡しているのが発見された。

 第一発見者である男性の息子(13)や親族、近隣住民の証言から、男性が酒に酔う度に飼育している雄猿に対して殴る蹴るの暴行を加えていたことから、男性が屋内で一人で酒を飲み、いつも通り雄猿に暴行を加えていた際に、雄猿が身を守るために男性の足首の動脈部分に噛みついた事が原因で死亡したと見られる。
posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする