2008年07月15日

選挙委、民主党幹部はレッドカード発行の検討以前の段階

 選挙委員会のプラパン委員は14日、レッドカードの発行の検討対象となっている下院議員の中に民主党の幹部党員が含まれていない事を確認した。

 これは、サマック首相が前日放送された定例政見放送の中で党幹部にレッドカードが引き渡される民主党も憲法の改正を全面的に支持する事になると発言した事を受けたもので、プラパン委員によると、ウボンラーチャターニー県内の選挙区で当選を決めた民主党副党首のウィトゥーン・ナームブット氏が選挙違反の調査対象になっているものの、証拠が十分に揃っていないとして委員会内の調査分科委員会に対して細部に渡る裏付け調査を命じている段階にあり、依然委員会内でレッドカードの発行の是非を検討する状況には無いという。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする