2008年07月23日

国王、首相に対して混乱脱却の為に職務に邁進するよう激励

 22日夕方、国王はサマック首相に対して、混乱からの脱出と国家の前進の為に職務に邁進するよう激励された。

 これは、昨年12月5日に80歳の誕生日を迎えられた国王を祝福する為の記念バッジの制作プリジェクトに関与した首相以下政府関係者の謁見を許された際に語られたもので、国王は、プロジェクトにより御自らが勇気づけられたとされた上で、その返礼として首相以下政府関係者に対して、確信を持って粛々と職務に邁進し公共の為、混乱状況から脱出した前進のみが存在する国造りの為に成果を上げるよう激励された。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする