2008年07月28日

大学准教授が射殺、男女関係のもつれの線で捜査を開始

 26日21:00頃、ソンクラー県ハート・ヤイ郡内で、ソンクラーナカリン(Prince of Songkhla)大学ハート・ヤイ校の准教授(49)が何者かに銃撃さ重傷を負い、搬送先の病院で死亡するという事件が発生した。

 準教授が大学構内にある教員宿舎前を歩いていた際に、2人組の内の1人に銃撃されたと見られ、現場付近からは実行犯の物と見られる拳銃や帽子等が発見、押収されている。

 警察側は、殺害された準教授がハンサムで女性に人気があったことから何らかの男女関係のもつれが事件の背景にあると見て、その他の個人的な係争の線も含めて捜査を開始した。
posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする