2008年07月29日

タイ・カンボジア外相協議でも大きな成果は無し

 28日、カンボジアのシェムリエップで行われた、カオプラウィハーン遺跡周辺の国境係争地を巡る緊張緩和を期したタイ・カンボジア外相級協議は、遺跡周辺に展開している両国の軍隊が武力を行使せず最大限の自制を持って任務を遂行する事の再確認に留まり、国境紛争地関連や両国の軍隊の撤収に関する具体的な合意に至ることなく終了した。

 約11時間に及んだ今回の協議では、平和的な手段による解決を目指す両国の意思を示すために 両国間で合意した地点に現在展開しているそれぞれの軍隊を撤退させると共に遺跡周辺地域開発の為に共同で地雷撤去作業に取り組む事で合意に至るに留まり、今回の協議で早期開催を目指すことで合意に至ったタイ・カンボジア国境委員会(JBC)に今後の協議を委ねることになった。

 また、共同記者会見でカンボジアのホー副首相兼外務大臣の会見が終了した後に、カンボジア側の当局者がマスコミ関係者全員を会見場から閉め出し、マスコミの立会が無い状況でタイ側のテート外務大臣が会見するという異常な場面も見られた。
posted by Jean T. at 02:24| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。