2008年07月31日

ネーウィン系下院副議長が閣入り準備の為に副議長を辞職

 タクシン元首相の忠実な配下として知られるネーウィン・チットチョープ氏系とされる下院第一副議長のソムサック・ギヤットスラノン氏が29日付けで辞職届けを提出した。

 同氏によると、この辞職は次期内閣改造で閣入りする事が確実になった事を受けたもので、サマック首相側から閣入りに向けた準備を進めておくよう指示を受けていたという。

 尚、閣入り後のポストに関しては明らかにされていないが、社会開発・人間の安全保障大臣ないしは文化大臣のポストに就くのではないかと見られている。

 ソムサック氏の閣入りがほぼ確実になった事を受け、パラン・プラチャーチョン党の東北地方出身議員約8人で構成されたイサーン・パッタナー会派側は、サマック首相に対して、ソムサック氏の閣入り決定を撤回し、会派に所属するプリーチャー・レーンソムブーンスック氏に閣入りの機会を与えるよう要求した。

 同会派によると、要求が受け入れられなかった場合は議会内外で抗議の意思を示す為の行動にでる事も視野に入れているという。

 一方、今回の内閣改造で更迭が確実視されているチャルゥム内務大臣は、改造により閣外に出る事がほぼ確実になった事を明らかにした上で、31日14:00に内務省内で公式の記者会見を開く事を明らかにした。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。