2008年08月30日

首相が議会解散または辞任を決断? 国王に謁見

 サマック首相が29日深夜(報道により30日朝)軍の小型機でプラチュアップキーリーカン県に向け飛び立ったのが確認された。

 同県フワヒン郡内にあるグラーイガンウォン宮殿内で国王に謁見する為と見られ、謁見の場で首相側から現在の情勢に関する報告と共に議会解散ないしは首相を辞任する方針が奏上されるものと見られている。
posted by Jean T. at 12:52| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。