2008年08月31日

連立6党、首相続投・議会解散に反対で合意 - 反連合派は国会を激励訪問

 パラン・プラチャーチョン党のスラポン幹事長は30日22:00、同日バンコクのホテルで開かれた連立6党の合同協議で、首相の続投支持、議会解散に反対及び国家の利益の為になる政策を継続させる為に引きつづき連立6党が政権運用を続ける事で合意に至った事を明らかにした。

 当初、サマック首相が6党の合同協議を招集したと伝えられていたが、同首相は出席していなかった模様。

 スラポン幹事長によると、この協議はあくまで31日に開かれる臨時上下院合同議会に向けた打ち合わせの為に招集されたもので、席上で挙国一致内閣設立や非常事態令発令の是非に関しては一切議題に上らなかったという。

 一方、親政府・反連合の反独裁民主主義同盟は30日、サナームルワンで開催された集会の場で、31日に臨時上下院合同議会に出席するサマック首相を激励する為に国会ビル前に集合する方針を明らかにした。

 一部報道は、この国会ビル訪問の前後何れかに、民主主義市民連合が集会活動を展開している首相官邸及びマカワーン・ランサン橋手前に近いラーマ5世像前に集合をかける可能性があると指摘している。

 同日開かれた集会には、ウィラ・ムシックポン氏の他、反政府を標榜する市民集会に幹部として参加している民主党所属下院議員のソムギアット・ポンパイブーン氏を下院議会の場で攻撃しているナタウット政府副報道官やパラン・プラチャーチョン党所属下院議員のヂャトゥポン・プロームパン氏らが演台上で演説を行った。
posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。