2008年09月28日

罰当たり強盗、寺院から電線を盗む

 27日朝、首都圏警察本部バーン・イー・ルゥア署に寺院内にある約56メートルに渡る電線が何者かによって盗まれたとの通報があった。

 電線が盗まれたのはバンコクのトンブリー区バーン・イー・ルゥア地区内にある寺院で、この影響で寺院内の一部の建物が停電になった。

 警察側は、寺院内の一部の建物で停電が発生した同日2:00過ぎ頃に、寺院の敷地内の様子に詳しい2人以上と見られるグループが、事前に充分な準備をした上で電線を切断し盗み出したと見て捜査を開始した。

 事件が発生した寺院の敷地は種々の催し物に使用されている為、日頃から若者グループや見慣れぬ者が出入りしていたといい、寺院関係者によると寺院の敷地内の入出路等に詳しい若者グループが犯行に関与しているのではないかという。
posted by Jean T. at 09:25| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。