2008年09月30日

政府、国民参加による憲法起草議会の設置を支持

 スクムポン首相府大臣は30日、同日開かれた定例閣議の席上で、各階層の国民が参加する憲法起草議会の設置により政治改革に取り組むべきとする各界からの意見を支持する方針を確認した上で、現行憲法下で憲法起草議会の設置を可能ならしめるために憲法の改正について定めた憲法291条の改正を目指す方針を決定した事を明らかにした。

 同首相府大臣によると、この方針は10月7日から8日にかけて開かれる施政方針演説国会の際に発表される政府の政策公約の一つとして織り込まれることになるという。
posted by Jean T. at 19:40| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。