2008年10月30日

チョンブリー県内で大物地元政治家2人が銃乱射を受け死亡

 28日深夜、チョンブリー県バーンブゥン郡内の路上で、乗用車に乗った人数不明のグループが、先の総選挙でチャート・タイ党公認候補として出馬した事もある元県行政機構評議会議員の男性と元タムボン行政機構評議会議長の男性の2人が乗った車に向け銃を乱射し、2人が死亡するという事件が発生した。

 死亡した2人は郡内にある学校で開かれた宴会への参加を終え帰宅する途上だった。

 警察側は、ビジネスないしは地元政治関連の対立が事件の背景にあると見て捜査を開始した。

 死亡した2人は、元配下の地方大物政治家が娘の結婚披露宴の最中に暗殺された事件を首謀したとして実刑が確定し、収監から逃れる為に現在国外に逃亡しているとされている大物マフィアのガムナン・ポことソムチャーイ・クゥンプルゥム氏に近い事で知られていた。
posted by Jean T. at 00:06| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。