2008年10月30日

スウィット・プゥア党党首が辞任、党籍離脱

 プゥア・ペーンディン党党首のスウィット・クンギッティ氏が、30日付けで党首を辞任すると共に党から離脱する意向を記した書状を党幹事長宛てに提出していた事が明らかになった。

 書状には、これまで国益保護と衝突や対立の防止の為に中道を心掛け任務を遂行してきたとした上で、政府側によるカオ・プラウィハーン問題に対する対応だけでなく7日に行われた強制排除行動や改正するべき条項を明確にしないまま憲法改正を前進させようとしている政府側の対応に納得できない事を党首辞任の理由として掲げた上で、今後は王室を敬愛するタイ国民として特定の勢力に属さす中立的な立場で国家一致団結に向け取り組む意向であると記されていたという。
posted by Jean T. at 19:03| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。