2008年11月30日

白けムードでバンコク知事選がスタート

 30日朝から開始されたバンコク知事選出選挙候補者受付に7人の候補者が候補者登録を行い、その後行われた投票番号の割り当てで民主党公認のスクムパン・ボリパット氏が2番を引き、先の知事選でムードメーカーだったリーナー・ヂャンヂャンヂャー女史が3番を引いた。

 既に立候補を表明しているナタゴン・テーワーグン氏は12月1日に候補者登録を行う意向を表明、また国家毀損行為調査特別委員会委員だった元上院議員のゲーオサン・アーティポーティ氏は遅れて候補者登録を済ませ8番の投票番号を手にした。

* 今回はどっかの研究員で自然保護活動家らしい候補者(確か5番?)の動向がリーナー・ヂャン以上に注目を集めそうです。
posted by Jean T. at 10:53| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。