2008年11月30日

連合、官邸近くの農業・協同組合ビルへの調査立ち入りを要請

 民主主義市民連合系のプーヂャッカーン紙のサイトによると、連合は30日未明に首相官邸内に向け撃ち込まれた爆発物が近くにある農業・協同組合ビルから発射された疑いがあるとして、同銀行に対して調査の為の立ち入り許可を要請する方針を明らかにした。

 スリヤサイ調整役によると、"M-79"が撃ち込まれる直前に2-3人の不審な男が農業・協同組合銀行ビルの屋上にいたのが目撃されているという。
posted by Jean T. at 13:45| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。