2008年11月30日

サマック前首相がパラン党を離党

 現在ガン治療の為にアメリカ滞在中のサマック前首相が30日付けでパラン・プラチャーチョン党を離党する意向を示していた事が明らかになった。

 ナタウット政府報道官によると、サマック前首相の離党は健康上の理由からで、離党後にパラン・プラチャーチョン党の代理政党であるプゥア・タイ党に合流する予定は無いという。
posted by Jean T. at 18:02| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。