2009年01月28日

選挙委、生活支援金配布が違法と判断された場合は政府による支給行為全てが違法に

 選挙委員会のソトシリー委員は28日、ブンジョン副内務大臣が社会開発・人間の安全保障省予算から支給された高齢者や身体障害者向けの生活支援金を名刺付きで配布した行為が違法であると判断された場合は、アピシット首相が進めている月収15,000バーツ以下の者に対する2,000バーツの定額支給政策や社会開発・人間の安全保障省から被災者に支給される救援物資の支給行為も全て違法であると見なさなければいけなくなるとの考えを示した。

 一方、ブンヂョン副内務大臣は、自分はマスコミの意図的な捏造報道の犠牲者であるとした上で、自らの口で潔白を証明してみせると語った。

* そう言えば(←しつこい)、タクシン政権の時には2桁・3桁宝くじの収益金から地方の学校や寺院向けに支給される分配金がタイ・ラック・タイ党所属議員の名前で支給されたり、総選挙の選挙運動期間中に津波が発生した時には、タイ・ラック・タイ党のロゴが入ったジャケットを着こんだポヂャマーン夫人(当時)が政府からの救援物資の配布を一生懸命行っていましたね。
posted by Jean T. at 15:35| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。