2009年01月30日

首相、帰国後の内閣改造の可能性に言及

 29日、国際経済フォーラムに出席する為にスイスに向かったアピシット首相は、出発前に記者団に対して帰国後に内閣を改造する可能性がある事を明らかにした。

 これは、生活支援金を名刺付きで受給者に配布したブンヂョン副内務大臣とパッタルン県内の洪水被災者に対して提供された支援物資の中に期限切れの魚の缶詰が含まれていた事が問題になっているウィトゥーン社会開発・人間の安全保障大臣の両名が国家汚職防止取締委員会及び選挙委員会の調査対象になっている事について質問を受けた際に語られたもので、アピシット首相は何れの結果であれ両機関の判断を受け入れる方針である事を確認した上で、帰国後2-3日以内に両名に持たれている疑惑関連の資料を詳細に検討すると共に、両委員会の判断を待って大臣解任の是非について検討を行う考えであると語った。
posted by Jean T. at 00:42| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。