2009年01月31日

連合の二の舞は踏まないとDTV系幹部、元首相の仲介は否定

 反独裁民主主義同盟DTV系幹部のヂャトゥポン・プロームパン氏は31日、同日バンコクのサナームルワンで開催される大規模集会での演説活動が終了した後の21:00から首相官邸に向け移動を開始する方針を再確認した上で、民主主義市民連合が行ったような集会拠点に使用する為に官邸内を占拠するような愚にでる考えが無いことを明らかにした。

 尚、今回の集会にタクシン元首相が電話で参加する予定は無いという。

 また、ヂャトゥポン氏は、既に警察側が少なくとも官邸周辺4ヶ所に警戒線を敷いている事を確認しているとした上で、仮に警察側と直面する事になっても、直接現場で対策にあたっている警察官の多くが赤服よりであることから衝突の事態に至る事は考えられないとしたが、万が一両者衝突の事態になった場合には、より強硬的な行動にでる事も有り得ると語った。

 一方、タクシン元首相がヂャトゥポン氏とウドンターニー県内の赤服軍団を率いているクワンチャイ・プライパナー氏の仲介に乗りだしたと伝えられている事に関しては、それを否定した上で、今後クワンチャイ氏に対して集会への合流を呼びかける事は無いと語り、両者和解の道が既に閉ざされている事を強く示唆した。
posted by Jean T. at 17:45| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。