2009年01月31日

赤服、不敬罪廃止を要求する署名活動を開始

 31日、バンコクのサナームルワンで大規模集会を開催した反独裁民主主義同盟は、会場内で不敬罪関連法の廃止を求める署名活動を開始した。

 不敬罪問題に関しては、第一次チュワン政権時代に当時内務大臣だったチャワリット元首相が派手好きで知られる夫人の縁者の警察幹部登用を拒否した当時の国家警察本部長に不敬罪の濡れ衣を着せた上で解任し、国王自らが本部長が問われている不敬罪を不問に付すと発言する場面が見られたり、タクシン政権と反独裁民主主義同盟が対峙していた時代には政治ゲームの手段として利用され、国王が誕生日スピーチの際に自らに対して罪を負った者は全て許すと語られる場面が見られており、最近では反タクシン政権時代に民主主義市民連合の活動に合流し、2006年4月2日の総選挙の際には投票用紙を破るパフォーマンスを演じたチュラーロンコン大学のチャイヤー行政学科長が、憲法の規定だけで充分に不敬罪に該当する言動を抑止する事ができるとして、政治的ゲームや言論抑圧の手段に利用されるおそれがある不敬罪の規定を廃止するべきであると訴えていた。

 尚、同盟の大規模集会は同日20:00前現在平穏裏に進行しており、また会場では各種グッズの販売コーナーの他にステープ副首相やガシット外務大臣等を的に見立てたボードに向けて投げつける為の生卵を3個20バーツで売るコーナーも見られたという。

 会場には19:00過ぎ現在1万人から2万人の参加者が集まっていると見られるが、主催者側は最終的に5万人を下らない参加者が集合すると主張している。

 また、19:00台のタイPBSは、大規模集会への合流を拒否したクワンチャイ・プライパナー氏傘下の赤服軍団の一部も幹部不在の状態で集会に合流していると報じている。
posted by Jean T. at 22:44| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。