2009年03月27日

(更新)元首相、憲法を超えたカリスマはプレーム議長

 タクシン元首相は、27日22:30頃から行われたビデオリンクを使用した演説の中で、タクシン政権打倒を意図した動きの背後で糸を引いていた憲法を超えたカリスマはプレーム枢密院評議会議長である事を明らかした。

 タクシン元首相によると、タイ・ラック・タイ党が議会内で絶対多数の377議席を確保していた当時に、プレーム議長は行き先々でタクシン元首相を非難し、政府に対して非協力的な官僚を生み出していたという。

 また、タクシン元首相は、プレーム議長がタクシン政権の打倒を志した背景に、首相時代から近い関係に民主党が長年野党に陥れられていた事に対する懸念があったと指摘した。アピシット首相が誕生した時に同議長が激励した事からもこの事は明らかだという。

 更に、タクシン元首相は、先に名指しした通りスクムウィットの邸宅内で行われた謀議に参加したスラユット元首相等がクーデターの背後で糸を引いていた事を再確認すると共にこの動きを国王が関知していなかった事を確認した。
posted by Jean T. at 23:08| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。