2009年03月29日

61%強が赤服集会は最悪化しない、スワン・ドゥシット調査で

 ラーチャパット・スワン・ドゥシット校が行う世論調査スワン・ドゥシット・ポールが21県内在住の3,236人を対象に行った調査で、回答者の61.25%が未だ機が熟していない、民主主義市民連合時代に発生した事の再来に対する懸念が主催者側にある等の理由をあげ首相官邸前で展開されている反独裁民主主義同盟の集会活動がエスカレートする事は無いとの考えを示し、エスカレートすると回答した者は僅かに7.38%に留まっていた事が明らかになった。

 また、活動のエスカレートに結びつく可能性がある要因に関しては、44.41%の回答者がタクシン元首相の電話演説をあげ、以下、挑発・煽動行為(28.46%)、対立する2つのグループを背後で支援している実力者(14.68%)と続く結果になった。

 更に、活動の過激化・エスカレートを押さえる要因に関しては、45.49%の回答者が対立する2つのグループがタクシン元首相の電話演説を始めとする挑発に乗らないことと回答し、また、49.04%が今日展開されている抗議活動は権力闘争を反映した無意味なものであると回答した。
posted by Jean T. at 17:35| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。