2009年03月30日

各地で赤服が県庁舎前に集合

 チェンマイ県の赤服軍団を率いているペーチャラワート・ワタナポンシリグン氏は30日朝、コミュニティーラジオ局を通して県内各郡内の赤服軍団に対して県庁舎の封鎖に乗り出す為に同氏が経営するホテル前に集合するよう呼びかけた。

 この動きは、首相官邸前を占拠している反独裁民主主義同盟が、同日昼までに当局側が強制排除に乗り出すおそれがあるとして、タクシー運転手やトゥクトゥクの運転手等に対して万が一の強制排除行動に備えバンコク内の主要幹線の封鎖に乗り出す準備を整えておくよう呼びかけた事に呼応したもので、ペーチャラワート氏側は当局側が強制排除に乗りだ次第県庁舎を包囲し座り込み活動を展開するとしている。

 また、同日昼までに確認できた報道によると、これまでにコーンケーン、ロッブリー、カンヂャナブリー等の北部・東北部・西部等で赤服軍団が県庁舎前に集合ないしは移動に向けた準備を進めている模様。
posted by Jean T. at 14:26| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。