2009年03月30日

赤服、ゴールはプレーム打倒 - 力には力で対抗

 反独裁民主主義同盟は30日、関係当局に対して力で首相官邸前や全国各地で展開されている赤服軍団の活動を抑え込もうとした場合は、1973年10月14日と同様に力で対抗することになると警告した。

 一方、同盟DTV系幹部のヂャトゥポン・プロームパン氏は29日夜、プレーム枢密院評議会議長一派による絶対王政型官僚主義(アムマータヤーティパタイ)の打倒を最終目標に掲げ活動を展開する方針である事を明らかにした。

 発言の中でヂャトゥポン氏は、今のままでは現在88歳のプレーム議長が98歳になる10年後だけでなく200歳になっても影響力を保持し続け民主主義を阻害し続けると指摘した上で、全国の同士に対して民主主義の実現を勝ち取るまで戦い続ける為にバンコクに馳せ参じるよう呼びかけた。
posted by Jean T. at 16:26| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。