2009年03月31日

ナラーティワートで衝突、分離主義組織関係者4人を射殺

 30日6:00過ぎ、ナラーティワート県シーサコン郡内の丘陵地で、一斉摘発作業中だったレンジャー部隊関係者と民家内に潜んでいた分離主義組織関係者と見られる6人組との間で15分以上に渡る銃撃戦が発生し、更に隙を見て民家の裏口から逃走しようとした4人組との間で数分間に渡る銃撃戦が展開され、逃走を図った4人組が死亡し、民家内に残っていた2人組の身柄を確保し2挺のM16を押収した。また、この銃撃戦で自警レンジャー部隊員1人が重傷を負った。

 一部報道は、6人組は何れも今年1月に郡内で発生し3人が死亡した軍駐留地襲撃事件に関与していたと報じている。

 パッターニー県ヤッリン郡内では30日朝、行商用の魚を仕入れるためにバイクの2人乗りで路上を走行中だった44歳と14歳のイスラム教徒の父子が、バイクに乗った2人組に銃撃され父親が死亡し息子は難を逃れた。

 また、同県県都内では30日朝、同じく行商用の魚を仕入れるためにバイクの2人乗りで路上を走行中だった30歳と22歳のイスラム教徒の夫婦が何者かに銃撃され妻が死亡し夫が重傷を負った。

 ヤッラー県ヤッハー郡内では30日夕方、仏教徒が経営する雑貨店前に爆発物が仕掛けられているのが発見され回収処理が行われた。発見される前に不審物を雑貨店前に置いて走り去っていくバイクに乗った2人組が目撃されていた。

 同郡内では29日早朝、丘陵地の警戒作業中だった当局関係者と人数不明の一味との間で約20分間に渡る銃撃戦が発生し、一味側2人及び警察官1人が死亡し、一味側が所持していた2挺のM16が押収された。

 死亡した2人の内の1人は分離主義組織実行部隊幹部と見られる30歳の男で、2007年1月に発生したベートンからハート・ヤイに向かっていた乗り合いワンボックスカーを襲撃し仏教徒の乗客8人を殺害した事件に関与した容疑で50万バーツの懸賞金が掛けられ身柄を追われていた。
posted by Jean T. at 00:29| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。