2009年03月31日

同盟、CP・ビアチャーン等の連合支持企業の不買を示唆

 反独裁民主主義同盟DTV系幹部のヂャトゥポン・プロームパン氏は30日、バンコク銀行やCPグループ、ビアチャーンで知られるタイビバレッジ社、キングパワー社に対して民主主義市民連合への支援を中止しないと取り返しのつかない事になると訴えた。

 仮に連合への支援を止めなかった場合は不買・サービス拒否運動を展開する方針で、かかる運動によりこれらの資本家が影響を受けても全て連合への支援を止めなかった自分たちに帰せられるべき問題であるという。
posted by Jean T. at 00:38| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。