2009年04月12日

赤服、法は無用 - 首相・副首相が最初のターゲット

 反独裁民主主義同盟幹部のヂャトゥポン・プロームパン氏は12日夕方、赤服軍団に決起を呼びかけると共にアピシット首相及びステープ副首相を最初のターゲットとして攻撃を加えるよう檄を飛ばした。

 もはや政府を攻撃する為に法に従う必要は無いのだという。
posted by Jean T. at 20:33| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。