2009年04月16日

元首相等14人に続き更に赤服46人に逮捕状

 警察は16日、チョンブリー県パッタヤー地区内で開催される予定だった東南アジア諸国連合関連会議の開催を中止に追い込んだホテルへの乱入等に関与した容疑で警察中佐クラスの人物を含む14人、同じくパッタヤー地区内で4月1日に開催された移動閣議の際に首相が乗車した車両に対する損壊及び首相に対する暴行未遂容疑で12人の合計36人の逮捕状を取得すると共に、内務省への乱入及び車両の損壊、首相秘書官長への暴行等の容疑で既に出頭している元タイ・ラック・タイ党所属議員のスポン・アッターウォン氏(ランボー・イサーン)等10人に対する逮捕状を取得した。

 尚、内務省関連の容疑者の内スポン氏をのぞく9人に関しては素性が特定されていない為、警察側が別途写真を公開し逮捕に結びつく情報の提供を呼びかける予定。

 また、パッタヤー地区絡みで逮捕状が発行された計36人の内、デモ隊を率いていたアリスマン・ポンルゥアンローン氏に関しては既に逮捕状が執行され保釈中で、また、幹部の一人と目されるワイポット・アーポンラット警察中佐は16日午前に出頭し昼までに50万バーツの資産を担保に保釈されたが、身柄解放と同時にバンコク内における一連の赤服軍団による過激行動に関与した容疑で首都圏警察本部ドゥシット署により身柄を確保されている。

 一方、プーヂャッカーン紙の速報は、先に逮捕状が発行されたタクシン元首相等14人の内、逃走中の容疑者の1人であるペー・クローントゥーイことナロンサック・マニー氏が警察に出頭の意向を示しているが、時期については明らかになっていないと報じた。

 ペー・クロントゥーイは、タクシン政権時代から反タクシン派に対する不穏な動きが発生した際に度々姿が目撃されていた人物として知られている。
posted by Jean T. at 16:54| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする