2009年04月27日

豚インフル、空港に入国者スキャン装置を導入

 タイ空港(AOT)のセリーラット社長は27日朝、公共保健省病害対策局からの協力要請を受け豚インフルエンザの国内流入防止措置の一環として感染疑いがある入国者を割り出すためのスキャン装置を空港に設置する事を明らかにした。

 この発言に先立ちアピシット首相は26日朝放送された定例政見放送の中で、メキシコを中心に感染が拡大している豚インフルエンザの国内流入を防止する為の措置を緊急に講じる必要があるとの考えを示した上で、27日に関係者を招集し緊急対策会議を開く方針である事を明らかにしていた。
posted by Jean T. at 12:08| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。