2009年04月27日

タクシン元首相、モンテネグロのパスポートを使用して移動か?

 ネーション系の英字速報は27日、消息筋からの情報として現在国外逃亡中のタクシン元首相がモンテネグロのパスポートを使用してリベリアに入国したと報じた。

 モンテネグロのパスポートを使用して20日にアフリカのリベリアに入国し23日に同国を出国していたという。

 タクシン元首相に関しては、先にニカラグアから外交旅券の発給を受けていた事が確認されており、また、同元首相自身がファー・イースタン・エコノミック・レビュー誌とのインタビューの中でヨーロッパを含む複数の国のパスポートを所持しており、また複数のヨーロッパの国の居住ビザを取得している事を明らかにしていた。

 一方、タクシン元首相がカンボジアのパスポートを所持していると一部報道が報じている事に関して、ステープ副首相は、事実関係を確認していないとした上で、カンボジア訪問予定のプラウィット防衛大臣に対して事実関係の確認を依頼する考えも無い事を明らかにした。
posted by Jean T. at 15:18| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。