2009年04月28日

ナラー5郡内20箇所で連続して不穏な動き、28日はグルーセモスク事件から5周年

 27日5:00過ぎから6:30前にかけてナラーティワート県5郡内20箇所で学校や民家、携帯電話用電波の送信塔の放火、変電設備の爆破や同設備に向けた銃撃等が連続して発生した。幸い何れも人的な被害は確認されていない。尚。同日昼過ぎまでの段階では各報道が5郡内11箇所で連続して不穏な動きが発生したと報じていた。

 また、一部では実行グループにより路上に鋲がばらまかれた。

 グルーセモスク事件発生から5年目となる28日にあわせた大規模な破壊活動が計画されている恐れがあるとして、主要箇所の警戒を強化した矢先に発生した事件だった。

 同県スンガイ・ゴーロック郡内では25日1:00頃、バイクに乗って現れた2人組が民家前でイスラム教徒の男性2人に向け銃を発砲し、34歳の男性が死亡し、38歳の男性が重傷を負った。発砲音が聞かれる前に、男性等が民家の前で知り合いと思われる2人組と激しい口論を展開しているのが目撃されていた。

 更に同県ルゥーソ郡内では24日夕方、飲食店前に駐車してあったバイクから爆発が発生し、飲食店の客等15人が負傷を負った。内、飲食店前の路上で友人とバトミントン中に事件に巻き込まれた6歳の男児が重傷だという。

 爆発発生前に、飲食店前に爆発が発生したバイクを駐車し、反対側に待たせていた別のバイクに乗り現場から立ち去る男の姿が目撃されていた。

 パッターニー県ノーンヂック郡内では25日夜半、人数不明の一味が退役軍人(66)宅に向け銃を乱射し、郡長や助役等を現場におびき寄せた上で路上に仕掛けておいた爆発物を爆破させるという事件が発生したが、幸い人的な被害は無かった。

 同県県都内では25日17:00頃、バイクで路上を走行中だった54歳のイスラム教徒の男性が、バイクに乗った2人組に銃撃され重傷を負った。男性は村自警組織に所属していた。

 同県ヤッリン郡内では25日午前、バイクで路上を走行中だった52歳のイスラム教徒の男性が何者かに銃撃され死亡した。

 ヤッラー県グロンピナン郡内では27日夕方、サッカー観戦中にトイレに向かう途中だった39歳の郡自警組織に所属する住民男性が、何者かに銃撃され死亡した。

 また、同県県都内では27日夕方、バイクに乗った2人組がイスラム教徒の男性(48)宅に向け銃を発砲し、男性が重傷を負った。

 更に同県ヤッハー郡内では27日夜、人数不明の一味が民家に向け銃を乱射し、男性2人、女性1人が死亡し、2人が重傷を負うという事件が発生したが、同日22:00迄に確認できた初期段階の報道では被害者の詳細や事件の発生状況等に関しては報じられていない。

 また、ラーマン郡内では24日夜、人数不明の一味がヂャクア地区警察署に向け銃を乱射し、警察官8人が負傷を負った。内2人は重傷だという。
posted by Jean T. at 00:08| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。