2009年04月28日

ヂャクラポップ氏、赤服軍団は武器を手に政府に立ち向かう事になる

 反独裁民主主義同盟幹部のヂャクラポップ・ペーンケー氏は逃亡先で行われたBBCとの電話インタビューの中で、近々赤服軍団は早期の総選挙を実現させる為に武装闘争を含むあらゆる手段を講じて不当に成立にした政府に立ち向かうことになるとの考えを示した。

 発言の中でヂャクラポップ氏は、政府側による非常事態宣言の発令により、赤服軍団は、従来の非武装・無血を旨とした時間を無駄に消費する抗議活動の展開から地下闘争の展開へと転換を迫られる事になったと指摘した上で、もはや非武装・無血が意味をなさない状況下では赤服軍団は武器を手にして不当な政府に立ち向かうしかないと指摘した。
posted by Jean T. at 16:40| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。