2009年04月28日

同盟DTV系3幹部、大規模集会を計画

 28日午後、反独裁民主主義同盟DTV系幹部のウィーラ・ムシッカポン氏、ナタウット・サイグゥア氏及びヂャトゥポン・プロームパン氏が共同記者会見を開き、ソンクラーン期間中に行われた一連の同盟のデモ活動及び当局側による強制排除行動の"清算"を行うために大規模集会を開催する方針である事を明らかにした。

 ウィーラ氏によると、大規模集会の開催時期及び開催場所に関しては向こう2-3日(報道により1-2日)以内に明らかにできる見通しで、また集会は平穏、非武装を旨に行う考えであるという。

 また、Dステーションの放送再開時期に関しては、ウィーラ氏は、自分たちはDステーションの経営者ではなく、あくまで番組の進行役でしかない事を強調した上で、現在局関係者が法に則った手続きを進めていることから、今週中には放送再開日等の詳細が明らかになるのではないかと語った。

* 個人的にはナタウット氏は政治家と言うよりは国会に見立てたお笑い番組サパー・ジョークで民主党副党首のトライロン・スワンキリー氏のそっくりさんとして政治家顔負けの演説を展開していたタレントさんというイメージが強かったりするのですが、確かタクシン元首相がこの迫真の演説を気に入って政界入りを進めたんですよね?
posted by Jean T. at 18:34| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。