2009年04月28日

タクシン元首相、赤服による過激な行動を扇動したとの指摘を否定

 タクシン元首相は28日、ノパドン元外務大臣を通して各メディアにメールで送信された声明文の中で、自らが反独裁民主主義同盟のデモ隊による過激な行動を扇動したとする指摘を否定した。

 「民主主義の為の平和な戦い」と題された声明文の中でタクシン元首相は、自らがデモ隊が過激な手段を使用する事を支援し支持したとする政府側の指摘は不当な政治的な言いがかりであると指摘した。

 デモ隊が東南アジア諸国連合関連会議を中止に追い込んだ日に行われたビデオ演説の中で中止に追い込んだデモ隊を激賛すると共に「いまが革命の為のゴールデンタイム」であると語り全国の同士に決起を促していた事でも知られるタクシン元首相によれば、常に平穏を旨とした民主主義の為の活動の展開を訴えると共に過激化する事無く忍耐を旨として政府側からの挑戦に対処するよう訴えてきたのだという。

* 全然関係ないですが、プーヂャッカーンによるとマティチョン紙に赤服を激賛するコラムを書いていたオジサン(昔iTV・TITVで何でもかんでもタクシンは素晴らしいという方向に持って行くコメンテーターだった方と同じ人)は契約解除されてしまったみたいですね。ソンクラーン以降にコラムの掲載が無くなった女性名で赤服激賛のコラムを書いていた人の動向は不明。
posted by Jean T. at 19:10| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。