2009年04月29日

新型インフルエンザ感染疑いで隔離入院中の女性から感染は確認されず

 バンコクポストの速報によると、サナン副首相は29日午前、新型インフルエンザ感染疑いで隔離入院措置が講じられていた女性から、当該インフルエンザの感染が確認されなかった事を明らかにした。

 また、前後して配信されたポストトゥデーのSMS速報は、チュラーロンコン大学病院側も新型インフルエンザの感染が確認されなかった事を明らかにしたと報じた。

 同病院側によると、女性は新型ではない一般のインフルエンザに感染していたという。
posted by Jean T. at 13:07| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。