2009年04月30日

連合幹部暗殺未遂容疑で軍人2人、民間人1人を逮捕 - 首都圏警察本部長はデマとの認識

 プーヂャッカーン紙の速報が29日夜、国家警察本部管下の捜査班が民主主義市民連合幹部のソンティ・リムトーングン氏暗殺未遂事件に絡んで軍人2人、民間人1人の身柄を拘束しバンコク内で取り調べを行っていると報じた。

 しかしINN電は、首都圏警察本部のウォラポン本部長が、逮捕が事実なのか、それとも単なるデマなのか現時点でははっきりと答える事はできないが、少なくとも首都圏警察本部管下の捜査班からは容疑者を逮捕したとの言質を得られていないことから、おそらくデマであろうと語っていると報じている。

 但し、ウォラポン本部長によると、取材時点では国家警察本部管下の捜査班による逮捕の有無に関しては確認できていないという。

 先立つ25日に国家警察本部管下の捜査班を率いているアサウィン本部長補佐が、向こう7日以内に事件に関する良いニュースを届ける事ができるだろうと語っていた。
posted by Jean T. at 00:39| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。