2009年04月30日

保健相、メキシコから帰国した5人に対して14日間の観察措置

 ウィタヤー公共保健大臣は30日、新型インフルエンザの感染拡大が確認されているメキシコから29日夜に帰国したタイ人5人に対して14日間の観察措置を講じた事を明らかにした。

 先に、メキシコから帰国したタイ人に対して専門の宿泊施設を設けて検疫を行う方針であることを明らかにしていたウィタヤー大臣によると、5人からは何れも新型インフルエンザの感染が確認されていないものの、安全確認の為に14日日間に渡り観察措置を講じる必要があるという。

 ネーションの英字速報によると帰国した5人は何れも労働者で、29日夜にシンガポール経由でタイに帰国したという。
posted by Jean T. at 18:46| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。