2009年05月20日

チェンマイで18歳少女が日本人の父親を捜して欲しいと訴え出る

 ネーション系のタイ語速報及びプーヂャッカーン紙(オンライン)によると、20日午前チェンマイ県内でサンサーイ郡出身の44歳のタイ人女性が日本人の男性との間に生まれた18歳になる県内の職業訓練課程校に通うナル・ハマダさんを伴いタイ・ニュース社を訪れ、男性の行方を捜して欲しいと訴えた。

 女性と男性とは1986年にラムプーン県内にある工業団地で知り合い、1991年にナルミさんを出産し、ナルミさんが3歳の時に男性からの音信が不通になり、その後も続いていた男性からの送金もナルミさんが7歳時に途絶えていたという。

 女性はマスコミに対して、男性の消息確認及びナルミさんが男性に会う機会が得られるだけで満足で、それ以上のものを望む考えは無いと語っている。

 ナルミさんは聴覚障害の為に補聴器を使用する生活を送っているという。

参考 (画像あり)
http://www.manager.co.th/Local/ViewNews.aspx?NewsID=9520000056512
posted by Jean T. at 17:57| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする