2009年06月07日

パッターニーで茶店に向けた銃乱射、ナラーでは副校長が射殺

 6日21:00過ぎ、パッターニー県サーイブリー郡内で、小型トラックに乗った人数不明の一味が茶店に向け銃を乱射し、店内で飲食中だった何れもイスラム教徒の男性3人が重傷を負った。

 同郡内では、5日10:00前、レンジャー部隊関係者を乗せた小型トラックの通過にあわせ爆発が発生すると共に人数不明の一味が部隊関係者に向け銃を乱射し、自警隊員を含むレンジャー部隊員2人が死亡し、2人が重傷(報道により1人が死亡、3人が重傷)を負った。被害にあった4人は、葬儀に出席する為に小型トラックで会場に向かっている途上だった。

 また、同県県都内では5日6:00頃、バイクの2人乗りで路上を走行中だった52歳と18歳の父子が、バイク二台に分乗した4人組に銃撃され、地元行政機構評議会議長の父親が死亡し、息子が重傷を負った。

 ナラーティワート県バーヂョ郡内では6日21:00過ぎ、モスクでの礼拝を終えバイクで帰宅の途上にあった53歳の副校長が、路上脇に潜んでいた人数不明の一味に銃撃され死亡した。

 ヤッラー県ラーマン郡内では7日朝、妻(25)を後部座席に乗せバイクで路上を走行中だった35歳の仏教徒の男性が、バイクに乗った二人組に銃撃され重傷を負った。男性は村自警組織に所属していた。

 同県県都内では6日4:00頃、商品倉庫を放火しようとしていた2-3人組が、警備員の発砲を受け放火を断念し逃走した。現場は先月27日に発生した連続放火事件の際に被害にあった倉庫の一つ。
posted by Jean T. at 13:46| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする