2009年06月12日

ヤッラーで托鉢僧を狙った襲撃、僧侶1人が死亡

 12日11:00迄に確認できた各報道によると、同日6:20頃ヤッラー県県都内ユポー地区の路上で、托鉢中だった僧侶2人を狙った銃撃が発生し、60歳の僧侶が死亡し24歳の僧侶が重傷を負った。

 事件が発生したのは、仏教徒が多く住むエリアで、襲撃を受けた僧侶2人に護衛はついていなかった。

 これまでの調べでウォームアップ用ウェアー状の服を着込んだバイクに乗った2人組が、通り過ぎざまに僧侶2人に向け銃を発砲したものと見られている。

 分離主義組織側が域内における宗教対立を扇動する目的で仕掛けた犯行との見方もされている。
posted by Jean T. at 13:29| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする