2009年06月23日

ナラーでエアロビ中の住民に向けた銃乱射で7人が負傷

 22日18:00頃、ナラーティワート県ルゥーソ郡内の寺院付近で、人数不明の一味がエアロビ体操中の住民に向け銃を乱射し、初期報道段階で一歳の女児を含む7人(報道により8人)が負傷を負った。

 また、同県ランゲ郡内では20日16:00頃、イスラム教徒の民家が家人が外出中に何者かに放火され全焼した。家主によると、家は一ヶ月前に新築したが、まだ電源工事が行われておらず、また屋内に火の気が無い事から何者かに放火された可能性が高いという。

 ヤッラー県ラーマン郡内では21日午前、バイクに乗った2人組が通り過ぎざまに学校の警備に当たっているレンジャー部隊の詰め所に向けM26を投げ込んだが、幸い不発に終わったため人的な被害は無かった。

 同県県都内では19日9:00前、19歳の海軍に所属する訓練兵の射殺体が墓地付近で発見された。警察側は、これまでの調べで、前日夕方に訓練兵が友人2人と墓地の方向に向かった後に、付近から銃声が聞かれていたことが確認されていることから、個人的な係争ないしは内部情勢絡みの犯行と見て捜査を開始した。
posted by Jean T. at 00:42| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする