2009年07月09日

保健省、14人目の新型インフルエンザ感染者の死亡を確認

 公共保健省のスパン報道官は9日、同日中に合計3人の新型インフルエンザ感染者の死亡を確認し、これまでに合計で14人の感染者の死亡を確認した事を明らかにした。

 先に確認された52歳の交通警察官とマハサラカム大学の併設校に通うマタヨン課程5年の男子学生(17)に次いで死亡が確認されたのは、肺炎等の症状を見せ6日に病院に搬送され、同日中に死亡した45歳の男性で、病院に搬送される5日前から肺炎の症状を見せていたというが、同日17:00迄に確認できた各報道では男性の居住地等の詳細に関しては確認する事ができない。

 また、先に腎移植後のアレルギー治療の為に入院中だったと報じられていた52歳の交通警察官に関しては、スパン報道官側は当該警察官が大腸がん治療の為に入院していたと先の発表と異なる発言をしている。
posted by Jean T. at 19:32| バンコク ☀| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする