2009年07月10日

パッターニーで教師警護班を狙った爆破で1人が死亡、5人が重傷

 9日8:00過ぎ、パッターニー県ヤッラン郡内で、教師の警護作業中だった軍関係車両の通過にあわせて爆発物が爆発し、軍関係者1人が死亡し5人が重傷を負った。

 同郡内では8日深夜、友人を助手席に乗せ小型トイラックを運転中だった36歳のイスラム教徒の住民男性が、何者かに銃撃され死亡した。

 一方、ヤッラー県ヤッハー郡内では9日14:00頃、3箇所の電柱脇に仕掛けられていた爆発物がほぼ同時に爆発し、この影響で地域一帯への送電が一時ストップした。人的な被害は確認されていない。仕掛けられていた爆発物は、何れも14:00に起爆するように仕掛けられた時限発火式のものだった。

 また、ナラーティワート県ランゲ郡内では8日夜半、人数不明の一味が路上脇の茶店に向け銃を乱射し、店内で飲食中だった何れもイスラム教徒の37歳と45歳の男性が重傷を負った。
posted by Jean T. at 00:19| バンコク ☀| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする