2009年07月20日

ステープ副首相の弟が補選出馬の意向、プゥア・タイ党党首の弟と対決の可能性も

 政府許認可事業関連の株式所持で選挙委員会が下院議員欠格と判断した事に絡んで下院議員を辞職したステープ副首相の弟のターニー・トゥアックスバン氏は20日、INNの取材に対して同副首相の議員辞職に伴いスラーッターニー県第一選挙区で行われる補欠選挙出馬に向け準備を進めている事を明らかにした。

 また、スラーッターニー県県行政機構評議会議員選挙に絡んで買収の疑いでイエローカードが発行されている事に関しては、出馬機会を喪失するものではなく、また自分に代わって評議会議員選挙に出馬する人物の人選を済ませているとした上で、選挙区の住民は兄の功績及び自分自身の長年にわたる地元での働きに理解を示していると語った。

 一方、デイリーニュース紙(オンライン)によると、プゥア・タイ党党首のヨンユット・ウィチャイディット氏は20日、自身がスラーッターニー県第一選挙区の補欠選挙に出馬する方向で動いているとする民主党首相付報道官のテープタイ・セーンポン氏の指摘を否定した上で、高齢である自分に代わり弟を党が擁立する可能性がある事を認めた。
posted by Jean T. at 12:56| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする