2009年07月29日

夫婦射殺によるおびき寄せ爆破で警官等5人が負傷、パッターニーで

 28日5:00過ぎ、パッターニー県コークポー郡内で、人数不明の一味がゴム農園内で作業中だった仏教徒の夫婦を射殺し当局関係者を現場におびき寄せた上で、あらかじめ仕掛けておいた爆発物を爆発させ、警察官及び住民5人が負傷を負った。

 爆発物は射殺された妻の遺体の下に仕掛けられており、警察官が搬送の為に遺体を持ち上げたところで爆発した。

 また、同県ノーンヂック郡内では28日17:00過ぎ、バイクで路上を走行中だった建設業の男性(47)が、バイクに乗った2人組に銃撃され死亡した。

 一方、ヤッラー県ヤッハー郡内では28日19:00過ぎ、35歳のイスラム教徒の男性が自宅に押し入った何者かに銃撃され死亡した。

 また、ナラーティワート県ヂャネ郡内では、学校近くの三叉路に仕掛けられていた爆発物が警戒作業中だった軍関係車両の通過にあわせ爆発し、軍関係者6人が負傷を負った。
posted by Jean T. at 00:01| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。