2009年07月31日

内相、全国の行政庁舎で恩赦誓願署名撤回の受付を開始

 チャワラット内務大臣は30日、反独裁民主主義同盟が進めているタクシン元首相の恩赦を国王に誓願する為の署名運動の際に署名を行った者に署名を撤回する機会を与えるために、各県に対して県庁舎や各郡庁に署名取り消し受付用のブースを設置し、31日から受付業務を開始するよう指示した。

 チャワラット内務大臣は、署名をした者の中から事情を知らずに署名をしてしまった、署名をする事が不適切であることに気がつき署名を撤回したいとの声が多数プームヂャイ・タイ党所属議員に寄せられている事を明らかにした上で、今後同盟による不適切且つ違法な署名運動に対抗する為に署名の撤回を申し出た者の人数を公表する方針である事を明らかにした。
posted by Jean T. at 00:15| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。