2009年08月03日

連合幹部暗殺未遂容疑者、でっち上げでターニー国家警察副本部長等を告訴

 3日午前、民主主義市民連合幹部のソンティ・リムトーングン氏暗殺未遂事件に絡んで逮捕状が発行されている元陸軍特殊部隊員のパンヤー・シーラオ曹長の顧問弁護士が、虚偽の証拠により容疑を着せられたとして捜査の指揮を執っているターニー国家警察本部長及び首都圏警察本部内の捜査チームに所属するウィチャーンワット・ボリラックグン警察大佐の2名を職務遂行義務違反及び職権を乱用した個人に対する迫害行為で刑事告訴した。

 顧問弁護士によるとパンヤー容疑者は事件発生前日の4月16日からトラート県カオサミン郡内に滞在し、事件が発生した4月17日には、現プゥア・タイ党顧問のチェーッター・ターナヂャーロー大将(元陸軍司令官、元防衛大臣、元ルゥアム・ヂャイ・タイ・チャート・パッタナー党首)を実行委員長として開催された寺院内でのタンブン式の準備に委員メンバーの1人として参加しており、また、同容疑者のアリバイを証明する事ができる証人や写真もあるという。

参考
連合幹部暗殺未遂、犯人潜伏疑惑のチェーッター元陸軍司令官系の工場を家宅捜索
posted by Jean T. at 15:21| バンコク ☁| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする