2009年08月04日

ナラーで教師警護班と偽レンジャー部隊との間で銃撃戦、両者側に死亡者

 3日夕方前、ナラーティワート県インゴー郡内で、路上の警戒作業を装ったレンジャー部隊員風の制服を着込んだ10人前後の集団が、教師の警護作業に向かう途上にあった軍関係者に向け銃を乱射した事をきっかけに両者間で約15分間に渡る銃撃戦が展開され、教師警護班に所属する兵卒1人及び一味側1人の計2人が死亡し、軍関係者5人前後が重傷を負った。

 同県スンガイパーディー郡内では1日朝、郡内のタンボン行政機構庁舎の建設現場に向かう途上にあったイスラム教徒の建築技師の男性(25)が、何者かに銃撃され死亡した。

 パッターニー県ノーンヂック郡内では2日8:00前、バイクで路上を走行中だったゴム加工工場警備員の仏教徒の男性(29)が何者かに銃撃され死亡した。

 また、同県トゥンヤーンデーン郡内では2日午前、ゴム農園内での作業を終えバイクで帰宅の途上にあった19歳のイスラム教徒の男性が何者かに銃撃され重傷を負った。

 更に、同県ヤッラン郡内では1日11:30前、小型トラックで路上を走行中だった仏教徒の青果仲買業夫妻が、バイクに乗った2人組に銃撃され、夫(52)が死亡し妻(62)が重傷を負った。

 ヤッラー県ヤッハー郡内では1日午後、ラオス人の建設作業員男性(60)が民家の建設作業現場でバイクに乗った2人組に銃撃され重傷を負った。
posted by Jean T. at 00:02| バンコク ☁| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする