2009年08月05日

サムイ空港が運用を再開、1ヶ月以内に事故原因の調査結果を公表

 4日午後にバンコク・エアウェイ便のオーバーラン事故の発生により閉鎖されていたスラーッターニー県サムイ島のサムイ空港の運用が5日午後再会し、同日14:00に運用再開後最初となるバンコク・エアウェイのPG100便がバンコクに向け飛び立った。

 運輸省航空運輸局のガンニガー局長によると、現在事故調査委委員会が事故の原因究明を行っており、向こう1ヶ月以内に調査結果を公表できる見通しだという。

 この事故により、これまでに機長1人の死亡、搭乗客12人の負傷が確認されているが、重体と伝えられていた副機長は依然重篤な状態にあるという。
posted by Jean T. at 18:05| バンコク ☁| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする